仙台~福島 ロイヤルハウス全国大会 ご報告④

query_builder 2016/07/25
スタッフブログ
IMG_4608-486x500

今回は出張2日目、ロイヤルハウス福島南店さんの2棟の実棟見学の様子をお伝えします。

まず一軒目は、前回のブログでご報告した「ロイヤル+S構法(*前ブログ参照)」で建築した「積み木の家」を見学させていただきました。

IMG_4608   IMG_1389

左:「積み木の家」の外観。およそ40坪弱の総2階の建物。屋根の構造がプライムトラスを使用しています。

右:「積み木の家」の模型。屋根構造はこのようになっています。

IMG_4567   IMG_4571

1階はロイヤルSSS構法の特徴でもある、構造材を魅せる〝あらわし梁″仕上げ。ナチュラルモダンな印象です。

右:1階吹抜け部分  左:1階LDK。

IMG_4576

この建物の特徴でもある2階の空間。

およそ8mx8mの平面積(19.4坪、38.8畳)が「無柱空間」になっています。

屋根の荷重を支える柱が空間に無いのが解りますか?

IMG_4578

家という「外箱」の中に、居室という「小箱」が入っている?ような造りでした。

 

この建物はプライムトラスの特徴を前面に出した実験的な間取りの為、居室は現在建物の真ん中に積み木箱のように配置されていますが、屋根の負荷がかからないので可変的に部屋を配置することもできますし、取り除くことも可能です。つまり、建てた後も空間を自由にレイアウトでき、自由自在に間取りを変更することが可能となります。逆に部屋を取り除けば38畳(19坪)の大空間としても使用できます。

IMG_4574

今秋(10月予定)より受注スタートとなる「ロイヤル+S構法」の主な特徴は、

①7×7,6×8,8×8、5×9など様々なレイアウトに対応した30畳~40畳の「大空間」を自由設計できる。

②RC造、鉄骨造と比べて、ローコストで「大空間」を作ることができる。

③SPF材の使用により従来の小屋組み、合掌造りと比較しても軽量化が可能。

④屋根の軒先を最大2mまで出すことも可能。

⑤工場生産し納入ができるため、製品、職人の技量にムラが無く、現場施工の手間も省ける。

⑥現場で特殊な作業は必要ではなく、これまでの職人さんで対応ができる

⑦現場での廃材が少なくなる。

等があげられます。

何よりお客様にとっての一番の魅力は、従来の木造軸組み工法と比較しても大幅にコストアップにはならずに「大空間」を手に入れる事が出来る、ということではないでしょうか。

コストがかかり過ぎては意味がありませんから。

 

私も「ロイヤル+S構法」でご提案できる無限の可能性を今からあれこれと考えております。

・・・で○○な平屋の家とか、・・・で△△な片流れの家とか、リフォームにも活かせるな・・・などなど。

これからですと、ZEH(ゼロエネルギー)住宅にすると125万の補助金がでます。また当店では地域グリーン化事業を活用して100万の補助金申請も可能です。

何より今の低金利の住宅ローンは非常に魅力ですね。

 

「ロイヤル+S構法」は、確実にお客様にとりましてもメリットのある工法です。

今秋以降、建築をお考えの方、ご興味がある方はぜひ、10月以降「ロイヤル+S構法」で広がる世界を知っていただきたいと思っています。

お問い合わせも随時受け付けております。

 

IMG_4563

 

 

長くなりましたので、もう一つの実棟「門のある家」の見学の様子は、また後日お伝えします。山口

 

ロイヤルハウス佐世保店

株式会社トゥーホーム

代表者 山口 哲也
所在地 〒857-1174:長崎県佐世保市天神町3丁目2665-1
TEL 0956-33-2333
FAX 0956-33-2334
E-MAIL info@to-home.biz
営業日時 月曜日 ~ 土曜日8:30 ~ 18:30

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Urx3HI