「再生と進化」 築45年の家の全面リフォーム

IMG_4453-1024x768
①建物外観
IMG_4459-1024x768
②オープンテラス
IMG_4457-768x1024
③玄関エントランス
IMG_4458-1024x768
④外観アクセントにもなる目隠し格子
0351-2-1024x748
⑤吹き抜け勾配天井のLDK
039-22-1024x768
⑥LDK脇に備わるステディー(書斎)スペース(*画像左)
IMG_4503-1024x768
⑦玄関とLDKをつなぐ多目的ホールに備わる飾り棚
0011-768x1024
⑧くつろぎの間の風景
0351-768x1024
⑨モダンな床の間
IMG_45021-768x1024
⑩ゆったりとした玄関。奥はシューズクローク
IMG_4453-1024x768
IMG_4459-1024x768
IMG_4457-768x1024
IMG_4458-1024x768
0351-2-1024x748
039-22-1024x768
IMG_4503-1024x768
0011-768x1024
0351-768x1024
IMG_45021-768x1024
場所 長崎県佐世保市
構造 木造2階建て
工事概要 築45年の木造住宅の全面リフォーム

概要

コメント 「再生と進化」
●当初は建て替えかリフォームかでお施主様と一緒に悩みましたが、既存の床面積42坪を最大限に活かしたいとの結論から全面リフォーム工事を行うことになりました。今回は間取り変更を伴う大規模なリフォームになるため、工事の事前準備として、まず初めに既存の家の状態を綿密にチェックします。構造体に問題はないか?補強は必要か?断熱性能は?などなど…事前調査を踏まえて工事内容を決めていきます。
●まずは既存の家を骨組みが見える状態まで解体し、現在の新築の性能基準を満たすレベルまで高め仕上げていきます。
●家の骨組みは間仕切りの変更に合わせて、構造強度を見直し、耐力壁を増やしました。基礎部分は40年以上前に行われていたいわゆる「布基礎工法」でしたので、床下全面に防湿コンクリートを打設しました。
●断熱材は全面的に見直し、床、天井、壁を隙間なく充填できる「フォーム断熱工法」を採用。
●外壁材も高耐久性のサイディングを使用しています。
●細かく仕切られていた間取りは解体し、南面に約22畳のLDK、キッチンに隣接して2.2畳のパントリーと2畳の食品庫を配置しています。

◆画像紹介
①建物外観 
②オープンテラス 
③玄関エントランス 
④外観アクセントにもなる目隠し格子
⑤吹き抜け勾配天井のLDK
⑥LDK脇に備わるステディー(書斎)スペース(*画像左) 
⑦玄関とLDKをつなぐ多目的ホールに備わる飾り棚 
⑧くつろぎの間の風景 
⑨モダンな床の間 
⑩ゆったりとした玄関。奥はシューズクローク