「住みつなぐ家」古民家再生リフォーム

PA020107-768x1024

①リビングのダイナミックな丸太梁と吹抜け天井 

PA020103-1024x768
②リビングのアクセント壁とカーテン
PA0201231-1024x768
③3枚扉の引込戸をオープンにするとおよそ24畳のLDKとなります
PA020097-1024x768
④主寝室
PA020098-768x1024
⑤主寝室に備わる書斎コーナー
PA020120-1024x768
⑥ダイニングの風景
IMG_6925-1024x687
⑦旧外観
PA2901011-1024x701
⑧新しくなった外観
IMG_6845-1024x768
⑨母屋と併設してあった古い建物。のちに解体後、駐車場として利用
PA290107_LI-002-1024x768
⑩新しくなった駐車スペース
PA020107-768x1024
PA020103-1024x768
PA0201231-1024x768
PA020097-1024x768
PA020098-768x1024
PA020120-1024x768
IMG_6925-1024x687
PA2901011-1024x701
IMG_6845-1024x768
PA290107_LI-002-1024x768
場所 長崎県佐世保市
構造 木造2階建て
工事概要 築80年 古民家再生リフォーム

概要

コメント 「住み繋ぐ家」
●先祖代々住み継がれてきた旧家ならではの「木の重厚感」や「先人達の知恵と技術」を、現代の暮らしに合った機能や設備を取り入れて次世代に受け継ぐためのリフォームです。旧家や古民家と言われる築80年以上の建物のほとんどは当時の図面は残っていません。そのため、まずは建物の徹底的な調査から始まり、それを基に図面に起こし、建物の改良ポイントを定めていきます。これが非常に労力のいる作業となります。
●旧家において基礎は俗に「石場建て」と言われる、柱が床下まで伸び、基石(玉石)で建物を支え、その柱間に「足堅め」といわれる床下地を兼ねた構造的な横木を入れて組んでいました。このような旧家の修復工事では、先人たちの知恵や工夫、技術力の高さを垣間見ることができ、とても勉強になります。
●家の骨組みは間仕切りの変更に合わせて、構造強度を見直し、耐力壁を増やしました。また床下全面に防湿コンクリートを打設し、地面からの湿気を遮断します。
●新しく床下断熱材も充填し、壁、天井の断熱材も最新のものに取り換えました。
●既存の板壁は解体し、和風に合う高耐久性のサイディングを採用しています。
●旧家の間取りは、和室の続き間が多く、使いづらく段差も多い為、今回の工事で問題点を解消しました。
●室内は「白」をベースに、大理石調のフローリングをチョイス。木組みタイコ梁の見どころ溢れるLDKの吹抜け天井。など・・・モダンな古民家スタイルの誕生です。

◆画像紹介
①リビングのダイナミックな丸太梁と吹抜け天井 
②リビングのアクセント壁とカーテン。 
③3枚扉の引込戸をオープンにするとおよそ24畳のLDKとなります。 
④主寝室
⑤主寝室に備わる書斎コーナー
⑥ダイニングの風景。 
⑦旧外観。 
⑧新しくなった外観。 
⑨母屋と併設してあった古い建物。のちに解体後、駐車場として利用。 
⑩新しくなった駐車スペース